新宿の賃貸事務所は格別だった。

コストを抑えるために賃貸事務所を

ビル街 さて、そんな自分にも転機が訪れました。
専門学校時代の友人から共同でシステム系の事務所を立ち上げないか?と誘われたのでした。
要は独立です。
私も「そろそろそれも良いかもな」と思い始めてたこともあった背景もあり、それほど悩むことも無く、その友人の話に乗りました。
そんな訳で、独立することになりました。
独立するに当たっては、人材だけでは何もできません。
当然のことながら、「設備」が必要になります。
機材が必要なのは当然ですが、それに先行して、「場所」すなわち「事務所」が必要になります。
事務所の場所、そして、どんな事務所にするか、等ということです。
事務所はコストを抑えるために、賃貸事務所にすることは最初から決めていました。
と言うのは、独立する前は、備品と設備は会社からの支給、あるいは貸与という形でしたが、独立することになったら、全部自前で賄わなければなりません。