新宿の賃貸事務所は格別だった。

クライアントの近くという面でも、新宿を選ぶ

ビル 経費節減は重要です。
次に、「どこに事務所を構えるか?」ということが問題になります。
クライアントが都内に集中していたため、東京から離れるわけにはいきませんでしたが、それでも「東京のどの位置にするか?」ということが重要な問題になりました。
と言うのは、どの街にするか?、と言う問題は「交通費」に直結する面があったからです。
仮に私が郊外に事務所を構えたとしましょう。
クライアントの事務所に行く用事のある時は、交通機関を使ってそちらに行かなければなりません。
この移動には当然ながら「費用」が発生します。
チリも積もれば山、と言いますが、交通費も積もればバカにならないものです。
そして、フットワークの良さも必要になりますので、便利な街に事務所を構える必要があります。
クライアントの位置がどこに集中するか?そこが重要になる訳ですが、クライアントのほとんどが、東京23区にあるため、それを前提にして考えなければなりません。
私は悩みましたが、場所を新宿にすることに決めました。
新宿ならば都内全域にフットワークが良く、仮にクライアントから呼ばれた場合にも、迅速に動くことが可能です。
更に、誰かに来てもらう時にも、「目印」となる建物などが多く、紹介しやすい、という点もあります。
また、実際に働くとわかるのですが、ロケーションの素晴らしらとでも言うのでしょうか?何とも言えない良い感じの気分になることが出来ました。
そんな訳で、私は新宿の賃貸事務所で仕事をしている訳ですが、この街で仕事をするのは、やはり格別です。
もしも、これから事務所を持つ方がいらっしゃったら、迷うことなく勧めます。
「新宿の賃貸事務所は格別だよ」ってね。